ライフプラン表

教育費がいくらかかるか徹底解説_正確な学費をライフプラン表に!〜幼稚園、小学校、中学校、高校、大学編〜

こんにちは
ファイナンシャルプランニング技能士のコロです。

人生の3大出費の1つである学費。

学費がいくらかかるのか?
学費がどれぐらいになるか、ネットで検索すれば出てきますね。

インターネットで検索して出てくる平均額をライフプラン表に書いている方もいるのではないでしょうか。

我が家もそうでした。

しかし、幼稚園から平均以上の金額がかかっています。

幼稚園の場合、
国公立だと3年間で70万円
私立だと3年間で145万円
のお金がかかると文部科学省は試算しているようです。

一方で、娘が通っている幼稚園は3年間で370万円ぐらいかかります。
学費以外にかかるイベント費のようなものが別途でかかっているせいか平均額を大幅に上回っています。

幼稚園でもホームページに書かれている内容とここまで差があるので、中学・高校・大学が予定している金額内で収まるか不安になってきました。

そこで、子供の学費がどれぐらいお金がかかるか正確に調べる方法をまとめました。

今回のゴール

自分の子供の学費を正確に予想し、支払えるか確認する。

自分の子供にかかる学費を正確に把握し、支払えるか確認するための3ステップ

自分の子供にかかるお金を調べ、払えるかどうか確認するためには次の3ステップだと考えています。

Step 1 子供に進んで欲しい進路を具体的に考える。

自分の子供の進路を書き出します。

具体的に幼稚園から場合によっては大学院卒業までの進路を考えます。

幼稚園 3年間
小学校 6年間
中学校 3年間
高校  3年間
大学  4年間
(大学院 2年間+3年間)

Step 2 学費を調べる

ホームページで学費を調べる

公式のホームページに学費が書いてありますので、それを見ましょう。

学費を調べるついでに、教育方針や募集要領を見ることで、受験に向けたイメージもできますね。

口コミ・掲示板で大きな抜けがないかを調べる

「○○○中学校 学費」
「○○○高校 学費」

とインターネットで検索すると学費に関するクチコミ・掲示板を見ることができます。

前半はホームページ等の公式情報がたくさん出てきますが、2ページ目ぐらいから口コミサイトや掲示板サイトが出てきますので、公式のホームページにのっているお金の他にお金がかからないか調べることができます。

Step 3 ライフプラン表に記入する

調べた学費をライフプラン表に記入する

そもそもライフプラン表ってなに?作ったことがないという方がいたらこちらの記事を読んでください。

ライフプラン表の作り方
ライフプラン表をエクセルで作る方法|人生の計画表ですライフプラン表って知ってますか? この表は一生涯の収支を管理するためのツールになります。 「どうしても買いたいもの」を手に入れる方法や「自分に万が一の時があった時」の対策を考える時にも役立ちます。ファイナンシャルプラン表の作成は難しくないので、紹介させて下さい。...

ライフプラン表において、総資産がマイナスになってしまう年があるなら、教育費もしくはその他の支出を見直す必要があります。

ライフプラン表赤字
ライフプラン表が赤字に転落した場合|修正手順伝えます!ライフプラン表を作ったけど資産がマイナスになってしまった・・・ 資産がマイナスなのに、放置しておくと人生において本当に必要な支出をする時に、それを諦めてしまったり、お金を使っても良いのか不安になってしまったりします。今回は「ライフプラン表が赤字になってしまったときにどのように優先度が低いものを諦めるか」まとめます。...

順調に大学へ進学できなかった時のために、予備校費等の予備費をライフプラン表に含めるかどうかは各家庭の状況に応じて検討・記入してください。

自分の子供の進路を考える際の考え方

子供が私立に行きたいと言った時に備え、お金がかかる進路を想定したライフプラン表にしておけば良いと思います。
自分の子供がどのような進路になるのかわかりませんよね。
大学まで全て国公立で行ってくれるかも知れないし、途中で私立に行くかもしれない。
そもそも大学に行かないかもしれない。
高校を卒業して別の夢に向かって進んでいくかもしれない。

選択肢は子供の数だけあります

だったらライフプラン表にどのようにお金を入れればいいかわからなくない?

親が払ってあげたいもしくは想定している進路をライフプラン表に入れておけば良いと思うよ

私立公立それぞれのメリット

お金に特化して話をしたいので、ここでは多くを語りませんが・・・
お金の面では子供が最後まで国公立に通ってくれるのが嬉しいですよね。

しかし国公立の方が良い教育をしてくれるとは限りません。

私立の方が施設や設備が充実しており、先生も熱心な方が多いと考えます。

自分の子供の進路をどのように考えれば良いか

子供が小さいうちは、親が考える高額な進路に進学したときの金額を設定しておけば良いと思います。

もし何も想定できないなら、全て私立で考えてください。

学費がかかる想定をしておけば、公立に進学した時にお金の面では良い方向になるので。

具体的にどの学校に進学するか検討しておきましょう

公立の場合、どの学校に行ったとしても学費の面で大きな差は生まれないと思います。
しかし私立に通った場合は学校よって学費はかなりの差が生じます。

ですので、「○○○小学校」といった具体的な学校名まで想定することをお勧めします。

我が家の方針

我が家の方針

幼稚園 私立
小学校 公立
中学校 私立
高校  私立
大学  私立理系

幼稚園

今娘は私立幼稚園に通っていて、4月に年中になります。

3年間で370万円ぐらいかかる予定ですが、入園前からわかっていたことですし、教育の内容に満足していますので後悔はしていません。

小学校

小学校は公立に進学する予定です。

理由1 行かせたい小学校が見つからない

私立小学校について、色々と調べているのですが、今のところ良さそうな小学校が見つかっていません。
行かせたい学校がないなら家に近い公立小学校に通いながら、中学受験をする方が良いと考えています。

理由2 家の近くに私立小学校がない

家の近くにそもそも私立小学校がありません。
通学時間を考えると、決まった小学校の近くに引っ越すことになると思います。
引っ越しにかかる手間や準備を考えると公立で良いと考えています。

小学校外の活動(習い事)

小学校低学年 学童
小学校低学年 習字、そろばん等の習い事
小学校3年〜 中学校受験のための進学塾

中学校・高校

中高一貫の私立小学校に行かせたいと考えています。
大学受験に向けて中高と6年間準備期間を用意してあげたいからです。

具体的に想定している学校は
「渋谷教育学園幕張中学校」
「桜蔭中学校」
です。

単純に女子が通える中学校の偏差値ランキング上位2校です。
自分の娘が行けるかどうかわかりませんが、中学受験をする意味を考えるとこのような学校に行ければ良いと考えますし、学費を計算する上ではこの2校を設定しておけば良いと考えております。

中学校外の活動(塾)

中学校に入学すると同時に「鉄緑会」といった、中高一貫校の生徒を対象とした塾に通わせたいと考えています。

大学

私立理系を考えています。
想定している大学学部は「慶應義塾大学 理工学部」です。

残念ながら私立医学部に進学することを娘が決めたら、奨学金を併用してもらう予定です。

親が支払うことができる限界の学費が「慶應義塾大学 理工学部」と考えているのが、上記大学を選択した理由です。(医学部・薬学部・歯学部を除くと慶應義塾大学 理工学部は学費が高い部類となっています。)

学費を調べる(実践編)

私の娘に良いのではないかと考えている進路について学費を調べてみようと思います。

幼稚園 

Step 1 今の幼稚園

今の幼稚園を気に入ってますので、この幼稚園にそのまま通う計画です。

3年間の学費もわかってますので、省略しますし、他の習い事も幼稚園に通っている間に通わせるつもりはありません。

Step 2 学費を調べる

調べる必要なし

Step3 ライフプラン表へ反映

ライフプラン表へ入力

 3歳4歳5歳
学費1,278,00  1,154,760 1,154,760 

小学校

Step 1 公立

Step 2 学費を調べる

インターネットで「公立小学校 学費」と検索したところ、良さそうな情報が出てきました。

「平成30年度子供の学習費調査の結果について」という資料です。
これは文部科学省が子供の学校教育及び学校外活動のために支出した1年間の学費をまとめた結果になります。

これによると公立小学校に通っている学費は下記のようになっているようです。

学校教育費は平均63,000円
学校給食日は平均44,000円

公立小学校ですので、この金額と実態に大きな乖離は出ないでしょうから、この金額と判断します。

Step3 ライフプラン表へ反映

小学校1年生から6年生まで毎年107,000円の支出とします。

小学校外活動費

小学校低学年 学童
小学校低学年 そろばん、習字等の習い事
小学校3年〜 進学塾

学童

Step 1 学童
Step 2 学費を調べる

自分が住んでいる市町村のホームページを確認すると保護者負担金は1ヶ月5,000円のようです。

小学校1年から3年の間は毎年60,000円の出費を想定します。

Step 3 ライフプラン表に反映

小学校1年 60,000
小学校2年 60,000
小学校3年 60,000

習い事

Step1 そろばん、習字等の習い事
Step2 学費を調べる

インターネットで検索するとそれぞれ4000円、3000円ぐらいとでてきました。
特に確かめたわけでありませんが、月1万円を想定します。

Step3 ライフプラン表に反映

小学校1年 120,000
小学校2年 120,000

小学校3年から 中学校受験のための進学塾

Step1 SAPIX

中学校受験のために進学塾へ通うことになると思います。
家の近くにSAPIXがあるのでシミュレーションしてみました。

Step2 学費を調べる

SAPIXのホームページ
ホームページを確認したところ学年毎の学費が出てきました。

 学費(月)
1年 20,900
2年 22,000
3年 24,200
4年 41,800
5年 52,800
6年 59,950

それ以外に4年から6年の春季講習、もうすぐ1年特別講習、GW特訓の案内もありました。

 もうすぐ1年春季講習GW特訓
1年13,200  
2年   
3年   
4年 28,600 
5年 30,800 
6年 41,80041,800

春のせいかGW特訓までの価格しかホームページにのっていませんでした。

夏季講習・冬季講習そしてSS特訓、正月特訓等いくらかかるかは、ブログ等で金額を書いてくれている方がいましたので、そちらを参考にまとめてみました。
あくまで過去の金額になりますので、今後多少の増減はあると思われます。

また模試や教材費等細かなお金まで計算できなかったので、学費の10%を予備費として確保しておくことにしました。

結果下記のようになります。

 学費(月)学費(年)もうすぐ1年春季講習GW特訓夏季講習志望校練成特訓SS特訓代冬季講習正月特訓代その他 予備費(10%)合計
1年20,900250,80013,200       28,490.0313,390
2年22,000264,000        28,600.0314,600
3年24,200290,400   48,600  20,520 38,372.0422,092
4年41,800501,600 28,600 86,400  33,000 69,140.0760,540
5年52,800633,600 30,800 111,240  35,000 86,344.0949,784
6年59,950719,400 41,80041,800204,12068,640268,98052,55073,700153,094.01,684,034

↑この表横にスクロールできます。

Step 3 ライフプラン表に反映

SAPIXに3年から通った時の塾代は下記のようになりました。

3年    422,092
4年    760,540
5年    949,784
6年 1,684,034

高いですね〜。

今のうちにこの事実を知れてよかった。

中学校・高校 候補1

Step 1 「渋谷教育学園幕張中学校」「渋谷教育学園幕張高校」

Step 2 学費を調べる

ホームページで学費をしらべました。

「渋谷教育学園幕張中学校」

入学納入金 
入学金 280,000円

施設拡充費
施設拡充費 70,000円

毎月の納入金
授業料 35,000円
施設料 15,000円
維持費   2,500円
後援会費  3,000円
生徒会費  1,000円
合計  56,500円

他に後援会入会金 3,000円
預り金として積立金 月5,000円程度
教材費 年50,000円程度

「渋谷教育学園幕張高等学校」

入学納入金
入学納入金 160,000円
施設拡充費 130,000円
合計    290,000円

毎月の納入金
授業料 34,500円
施設費 15,000円
維持費   2,500円
後援会費  3,000円
生徒会費  1,000円
合計  56,000円

他に後援会入会金 3000円
預り金として積立金 月10,000円程度
教材費 年60,000円程度

渋谷教育学園幕張中学校・高校に関しては、ホームページに書かれている学費と同じ情報が多数出てきました。
ということで、公式ホームページに書かれている学費+学費の10%を予備費としてみておけば十分じゃないでしょうか。

ホームページを見る限り渋谷教育学園幕張中学校・高校には寄附金がないようですので安心ですね。

まとめると下記のようになります。

  入学金施設拡充費授業料他の毎月納入金預り金教材費予備費合計
中学校1年283,00070,000678,00060,00050,000114,1001,255,100
 2年 70,000678,00060,00050,00085,800943,800
 3年 70,000678,00060,00050,00085,800943,800
高校1年 130,000672,000120,00060,00098,2001,080,200
 2年 130,000672,000120,00060,00098,2001,080,200
 3年 130,000672,000120,00060,00098,2001,080,200

Step 3 ライフプラン表に反映

中学校1年 1,255,100
中学校2年    943,800
中学校3年    943,800
高校1年  1,080,200
高校2年  1,080,200
高校3年  1,080,200

中学校・高校 候補2

Step 1 「桜蔭中学校」「桜蔭高校」

Step 2 学費を調べる

ホームページで学費をしらべました。

入学金   380,000円
校服代     49,000円
寄附金 1口 100,000円 ※2口以上の寄付が必要
授業料   447,600円
施設費     96,000円
教育充実費   96,000円
生徒会費・PTA会費 26,500円

公式なホームページ以外でも学費を調べましたが、大きな抜けはなさそうでした。
公式ホームページに書かれている学費+学費の10%を予備費としてみておくことにします。

また渋谷教育学園幕張で記載があった、教材費等がありませんので別途かかりそうですね。

まとめると下記のような感じになりました。

  入学金寄附金・制服施設費授業料他の毎月納入金教育充実費生徒会費予備費合計
中学校1年380,000249,00096,000447,60096,00026,500129,5101,424,610
 2年  96,000447,60096,00026,50066,610732,710
 3年  96,000447,60096,00026,50066,610732,710
高校1年  96,000447,60096,00026,50066,610732,710
 2年   96,000447,60096,00026,50066,610732,710
 3年   96,000447,60096,00026,50066,610732,710

Step 3 ライフプラン表へ反映

中学校1年 1,424,610
中学校2年    732,710
中学校3年    732,710
高校1年     732,710
高校2年     732,710
高校3年     732,710

「渋谷教育学園幕張中学校・高校」と「桜蔭中学校・高校」を比べたときに、学費が高いのは渋谷教育学園幕張中学校・高校ですので、ライフプランへは学費が高い「渋谷教育学園幕張中学校・高校」を記入することにします。

中学校・高校外活動費

実際に行くかはわかりませんが、3年間塾に通う想定にしておこうと思います。
その塾の名は「鉄緑会」です。

中高一貫校の生徒を対象とした東京大学受験指導専門塾です。
この塾、基本的に指定されている学生専用のカリキュラムが組まれています。

つまり、公立中学校に進学すると入塾すらできない可能性が高いです。

ここでは学費を調べるのがゴールなので、詳細の説明は省きます。

Step1 鉄禄会

Step2 学費を調べる

残念ながら公式のホームページには学費が書かれていませんでした。

そこで、「鉄禄会 費用」でGoogle検索して調べていきます。
ここに詳しく価格が書かれていました。

何科目受験するかによっても金額が変わってきます。
ですので、一概にこの金額ということは言えなそうですが、仮で下記のように設定しました。

Step 3 ライフプラン表へ反映させる

中学1年 35,000円
中学2年 35,000円
中学3年 35,000円
高校1年 37,000円
高校2年 60,000円
高校3年 60,000円

その他予備費

やはり人生の三大出費である教育費は高いですね。
ここまでの金額を合計するのが怖くなってきました・・・。

現役で大学に合格できれば良いのですが、万が一浪人した時に備え、予備費として200万円確保しておきたいです。

大学 「慶應義塾大学 理工学部」

いよいよ最後の大学です。

大学は本人が希望するところに入学してくれれば良いと思います。

お金(ライフプラン表を作成する)の面では、私立理系が一番が高いと考えますので、慶應義塾大学 理工学部に進学するとして計算したいと思います。

もっと高い学費がかかる学部として医学部があります。

私立医学部に進学することを娘が決めたら、娘には申し訳ありませんが、奨学金を併用してもらう予定です。

親が支払うことができる限界の学費が「慶應義塾大学 理工学部」と考えているのが、上記大学を選択した理由です。(医学部・薬学部・歯学部を除くと慶應義塾大学 理工学部は学費が高い部類となっています。)

Step 1 慶應義塾大学 理工学部

Step 2 学費を調べる

慶應義塾大学のホームページに学費が書かれていました。

入学金 200,000
在籍基本料 60,000
授業料 1,280,000
施設設備費 220,000
実験実習費 100,000
その他費用  3,350
初年度納付金合計 1,863,350

公式なホームページ以外でも学費を調べましたが、大きな抜けはなさそうでした。

公式ホームページに書かれている学費+学費の10%を予備費としてみておくことにします。

まとめると下記の通りです

  入学金在籍基本料授業料施設設備費実験実習費その他費用予備費合計
大学1年200,00060,0001,280,000220,000100,0003,350186,3352,049,685
 2年 60,0001,280,000220,000100,0003,350166,3351,829,685
 3年 60,0001,280,000220,000100,0003,350166,3351,829,685
 4年 60,0001,280,000220,000100,0003,350166,3351,829,685

Step 3 ライフプラン表に反映させる

大学1年 2,049,685
大学2年 1,829,685
大学3年 1,829,685
大学4年 1,829,685

大学外活動費

Step 1 小遣いのみと割り切る

Step 2 小遣いの想定

これは小遣い込みで毎月4万円とします。

実際足りるかはわかりませんが、不足するようであればアルバイトでもしてもらい自分で稼いでもらおうと思います。

Step3 ライフプラン表に反映させる

大学1年 480,000
大学2年 480,000
大学3年 480,000
大学4年 480,000

ここまで計算してこわくなってきたね。

学費って高いね

幼稚園から大学まで我が家がかかる学費

幼稚園から大学卒業までの「学費」「塾その他費」を更新します。

幼稚園

 年少年中年長合計
学費1,278,0001,154,7601,154,7603,587,520

小学校

 小1小2小3小4小5小6 合計
学費107,000107,000107,000107,000107,000107,000642,000
学童60,00060,00060,000   180,000
習い事120,000120,000120,000   360,000
SAPIX  422,092760,540949,7841,684,0343,816,450
合計287,000287,000709,092867,5401,056,7841,791,0344,998,450

中学校・高校

 中1中2中3高1高2高3合計
学費1,255,100943,800943,8001,080,2001,080,2001,080,2006,383,300
鉄禄会420,000420,000420,000444,000720,000720,0003,144,000
予備費     2,000,0002,000,000
合計1,675,1001,363,8001,363,8001,524,2001,800,2003,800,20011,527,300

大学

 大1大2大3大4合計
学費2,049,6851,829,6851,829,6851,829,6857,538,740
学校外活動費480,000480,000480,000480,0001,920,000
合計2,529,6852,309,6852,309,6852,309,6859,458,740

まとめると

 幼稚園小学校中学校・高校大学合計
学費3,587,520642,0006,383,3007,538,74018,151,560
その他費用 4,356,4505,144,0001,920,00011,420,450
合計3,587,5204,998,45011,527,3009,458,74029,572,010

このサイトに一般的な学費が書かれてます。

全て幼稚園から大学まで全て私立に行った場合、総額2200万円となっています。

一方で我が家の学費は総額3000万円です。

このように自分のライフプラン表を作成すると、自分が特にお金をかけたい部分は何かそれがいくらなのかが明確になるかわかるので、おすすめです。

ライフプラン表の作り方がわからない方はこの記事を読んでください。

ライフプラン表の作り方
ライフプラン表をエクセルで作る方法|人生の計画表ですライフプラン表って知ってますか? この表は一生涯の収支を管理するためのツールになります。 「どうしても買いたいもの」を手に入れる方法や「自分に万が一の時があった時」の対策を考える時にも役立ちます。ファイナンシャルプラン表の作成は難しくないので、紹介させて下さい。...

まとめ

・一般的に幼稚園から大学まで全て私立に行った場合総額2200万円かかる
・教育機関は多種多様なので、自分の子供が平均通りのお金がかかるとは限らない
・自分にかかる教育費を調べるには、子供の進学ルートを考え、学費を個々に調べるしかない
・公式のホームページだけでは抜けがある場合があるので、クチコミや掲示板も活用すると精度が高まる
・幼稚園から大学までの学費が見えてきたら、ライフプラン表に反映させよう